本文へスキップ

高分子分析研究懇談会は、お互いの情報共有等を通して高分子分析の発展を目的に活動しています。

学会および例会の写真

本懇談会では高分子分析の発展を目的に各種行事の開催を行い,お互いの情報共有・技術共有を促進しています。また,これらをまとめた書籍出版や分析討論会での講演等の活動を行っています

次回のイベント情報

  例会・講演会
2021年
5月18日(火)
第404回例会・総会 オンライン配信
(Cisco Webex Meeting)
高分子分析討論会  
2021年
10月28日(木)〜29日(金)
第26回高分子分析討論会

今後のCOVID-19の感染状況によっては、オンライン開催に変更になる可能性もございます。
つくば国際会議場
  ・参加費
予約登録(10月7日締切) 一般:10,000円
当日登録(10月7日以降) 一般:14,000円

オンライン開催となった場合、予約登録のみになる予定です。
 
高分子分析技術講習会  
2021年
3月9日(火)〜
   10日(水)
第62回高分子分析技術講習会(応用編)
参加申込:受付終了
オンライン配信
(Cisco Webex Meeting)
日本分析化学会 懇談会講演会
2020年
9月16日(水)〜
   18日(金)
日本分析化学会第69回年会

懇談会講演会 C3005 (9/18 10:45〜)
豊橋技術科学大学 服部敏明先生
「高分子電解質の分析から高分子電解質を用いた電気化学デバイス」
※聴講には年会への参加登録が必要です※
オンライン開催

協賛イベントのご案内

  令和2年度 産総研 材料・化学シンポジウム
2020年
11月25日(水)~12月4日(金)
令和2年度 産総研 材料・化学シンポジウム
機能化学研究部門の新たな取り組み-化学材料の創製と診断を両輪として-


TOPICSトピックス

2021年1月12日
本研究懇談会の副委員長を務めておられる、熊谷 将吾先生(東北大学大学院環境科学研究科)が、2020年度日本化学会第70回進歩賞を受賞されましたのでお知らせいたします。
今回の受賞は、難リサイクル性プラスチック廃棄物を化学原料に転換する熱分解プロセスの開拓に関して、優れた研究業績を上げたことによります。
2019年9月12日
本研究懇談会の運営委員長も務められた、大谷 肇先生(名古屋工業大学)が、
2019年度日本分析化学会 学会賞を受賞されましたのでお知らせいたします。
授賞式および学会賞講演(題目は「試料の分解反応を利用する実用ポリマー
材料分析法の開発と応用」)は日本分析化学会第68年会時(2019年9月12日、
千葉大学西千葉キャンパスにて)に行われました。
2017年8月21日
本研究懇談会の発展に長年ご尽力いただいた,高山 森 氏(Shigeru TAKAYAMA),
スペクトラ・フォーラム代表が、2017年度日本分析化学会 学会功労賞を受賞されました
のでお知らせいたします。
【業績】
1. 新規な高分子分析技術を開発し、産業界の発展に貢献
2. 添加剤の赤外スペクトル等の分析用データベース開発
3. 本研究懇談会の、幹事委員長などを歴任し、
 「高分子分析ハンドブック」刊行、「高分子分析討論会」創設など、
  学会の活性化や、企業の分析技術力向上に貢献
→詳細に関してはこちらのPDFをご参照ください。

NEWS新着情報

2021年4月26日
第26回高分子分析討論会の開催情報を掲載しました。
2021年4月22日
第404回例会・総会の開催情報を掲載しました。
2021年1月13日
第62回高分子分析技術講習会(応用編)の開催情報を掲載しました。
2020年10月26日
協賛イベント 令和2年度 産総研 材料・化学シンポジウムの開催情報を掲載しました。
2020年8月11日
日本分析化学会第69回年会懇談会講演会の講演日時が確定しました。
2020年7月21日
第61回高分子分析技術講習会(基礎編)の情報を更新しました。
2018年11月1日
サイトをリニューアルしました。